2012年12月15日

12月例会 卒業式のご報告

【事業報告】


2012年度 座間青年会議所
12月例会 卒業式のご報告

CA3K0119.JPG

座間青年会議所の会員としてまちづくり活動にご尽力をいただいた卒業生となるメンバーのこれまでの功績を称え、卒業式例会を開催いたしました。本年は8名のメンバーが卒業を迎え、青年会議所のメンバーとして現役のメンバーと共に学び、共に汗を流したことを振り返りながら、現役最後の素晴らしい思い出をつくっていただけたのではないでしょうか。

日にち:平成24年12月9日(日)
時 間:受付 13:30〜
    式典 14:00〜17:00
    懇親会 18:30〜21:00
場 所:《 式 典 》鈴鹿明神社 参集殿 座間市入谷1-3499
    《 懇親会 》屋形船 野毛丸 横浜市磯子区東町12-25

シニアクラブ会長 藤原 栄二 先輩
 第14代理事長 井上 隆正 先輩
 第20代理事長 木島 文彦 先輩
 第22代理事長 伊田 雅彦 先輩
 第26代理事長 吉川 新祐 先輩
 第27代理事長 溝渕 信一 先輩
 第30代理事長 三ツ橋栄司 先輩
 第31代理事長 濱野 真一 先輩
 加藤 宗善 先輩
 京免 康彦 先輩
 斉藤 竜志 先輩
 畑山 真行 先輩
 山田 信好 先輩
 池上 明宏 先輩
 佐藤 隆雄 先輩

出席者 28名 82.4%
 理事長 島名 謙一郎君
 直前理事長 須藤 真行君
 副理事長 鈴野 隆大君
 副理事長 丸山 秀一郎君
 監事 片野 一郎君
 監事 窪 悠久君
 専務理事 内山 浩司君
 副専務理事 松村 昌彦君
 理事 藤倉 崇志君
 理事 斉藤 竜哉君
 理事 倉持 浩之君
 副委員長 古木 普総君
 副委員長 佐久間 健二君
 副委員長 志澤 菜穂子君
 副委員長 木村 大吾君
 委員 沼田 克彦君
 委員 前里 秀樹君
 委員 吉田 光慶君
 委員 芝宮 哲也君
 委員 椋本 博之君
 委員 西川 敏広君
 委員 永井 宏幸君
 委員 矢部 雅文君
 委員 藤原 忠明君
 委員 安藤 達仁君
 委員 長谷川 洋介君  
 委員 佐藤 孝君
 委員 鈴木 貴博君

卒業生 8名 100%(重複掲載)
 須藤 真行君、内山 浩司君、松村 昌彦君、沼田 克彦君、前里 秀樹君、吉田 光慶君、芝宮 哲也君、椋本 博之君

CA3K0134.JPG
本年度の委員会褒賞は、まちづくり協働事業推進委員会(藤倉委員長は2年連続受賞となりました)

所信
 正会員28名、シニアクラブ16名にお越しいただき盛大に卒業式を行わせていただきました。
 今回は例年の宿泊をなくし、1日開催といたしました。賛否両論はありましたが、今となってはこういった形を残せたことも年初に掲げていた、既成にとらわれずに今までとは違った形を目指すという理事長のスローガンでもあるBreak Throughを体現できたかなと思います。

 2年目の総務委員長ということで自分の中でハードルを上げていたつもりでしたが、思うようにはやはりいかず担当専務、副専務そして副委員長にご迷惑をかけた点が自分としては歯がゆかったです。けれども、卒業生の皆さんに「ありがとう」と言っていただいたことが今回の例会を開催したことがなによりの誇りです。

 総務委員会 委員長 斉藤 竜哉

CA3K0137.JPG
屋形舟からの夜景

記載者 専務理事 内山 浩司
posted by 座間JC at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

11月例会事業報告

【事業報告】

2012年度座間青年会議所 11月例会
【夢のえがきかた〜杉ちゃん先生のめっせー字〜】事業報告

開催日:平成24年11月18日(日) 
開場13:30 開会14:00 閉会15:30
会場:座間中学校体育館(座間市緑ケ丘4丁目6−10 TEL 046-251-0135)
参加者:座間市小学生とその保護者
講師:杉浦誠司(すぎうら・せいじ)
主催:座間青年会議所
後援:座間市教育委員会

IMG_0531.JPG
ご来賓:
シニアクラブ会長 藤原栄二先輩
第31代理事長 濱野真一先輩
シニアクラブ 山田信好先輩
オブザーブ:
神奈川ブロック協議会 JC運動発信委員会 越水崇史君
神奈川ブロック女子部会 運営専務 越水真理君
一般社団法人綾瀬青年会議所 専務理事 大久保 豊君

「いじめ」を失くすことを夢と掲げて講演活動をなさっている杉ちゃん先生を講師としてお招きし、自身の体験をもとに、小学生のみんなに勇気を与えていただきました。
また、夢の持ち方、描き方も「職業」の枠を超えて、さまざまであることを教えてくださいました。
そして後半には、本職「文字職人」の技もご披露。
巨大な文字〜みらいと書いて「明」〜と見せる作品を書き上げていただきました。
これには、参加者をはじめ、JCメンバーもすっかり見入ってしまい心を込めてお書きになった文字が完成すると、会場からは喝采が沸き起こりました。
IMG_0548.JPG

IMG_0563.JPG
約束された明るい未来
今を楽しみ今を笑えば
その光が未来を
照らす。
何があっても
未来を信じて
自分を信じて。
この作品は、児童養護施設 成光学園に寄贈させていただきます。

その後、みんなも〜ありがとうと書いて「夢」〜と見せる作品にチャレンジしてもらい、この日のお土産として持って帰っていただきました。
IMG_0572.JPG
親身にアドバイスをする杉浦先生

IMG_0553.JPG
ご興味ある方は、著書やノベルティグッズもありますので、ご参照ください。

IMG_0580.JPG
ご参加いただきました小学校(幼稚園・保育園)のみんな、そしてご父兄の皆さま。ご来賓いただきました皆さまに心より御礼申し上げます。今回ご参加いただいた子どもたちが、もし今後の人生の中、心がくじけそうな壁にでくわした時、この日の「お土産」を見て、今日のことを思い出してくれたら、青少年・市民共育実践委員会のメンバーをはじめ、私たち座間青年会議所メンバー一同は、心から報われる思いです。
最後に、杉浦先生、遠い岐阜の地から足をお運びいただきまして、誠にありがとうございました!
夢の実現に向け、今後更なるご発展と、勇気を持つことができた子どもたちが日本中に広がります事をご祈念して、感謝御礼申し上げます。

青少年・市民共育実践委員会 委員長 倉持 浩之



記載者:専務理事 内山 浩司
posted by 座間JC at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

8月例会 ひまわりまつり協働事業(1日目)

【事業報告】

8月例会 ひまわりまつり協働事業(1日目)


日にち:平成24年8月18日(土)
時 間:10:00AM〜15:00PM
会 場:ひまわりまつり座間会場(座架依橋付近)

今年も盛大に開催されております「ひまわりまつり」の座間会場において
座間市商工会青年部との協働事業にて、座間青年会議所では8月例会を開催しております。
IMG_0357.JPG
内容は、一面のひまわり畑の中につくられた小道で、ポニー乗馬ができる!というものです。
10時からの開始早々に、列をつくっていただけるほどの大盛況!
IMG_0364.JPG
ポニーの体力面も考えながら、休憩&お食事タイムをはさみつついこうと、1回目の休憩に入った矢先…
なんと、雷雨に見舞われ、ポニーはテントの中で様子見、落雷の危険回避のため展望台も封鎖という事態にッ!!

雨宿りが1時間半つづき、今日はダメか…とみんなが思った頃、遠くの空が明るくなりはじめ、ほどなくして雷と雨も止みました。

十分休息をとったポニーたちは、午後からより一層、がんばってくれました!

初日のご来場者数は2,600名様に達し、乗馬体験をされた方はなんと160名様!

この盛況ぶりに、準備段階からつづけて朝早く働いていたメンバーたちの疲れも吹き飛び、テンション急上昇!
IMG_0352.JPG
ロバくんも呼び込みを手伝ってくれました!

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!
長くお待ちいただいてしまった皆さま、すいませんでした。

明日もありますので、どうぞよろしくお願いします^^

ポニー乗馬 300円/おひとり様1回につき
※お子様を優先してお乗せいたします。
※2歳以上で、鞍にしっかりと掴まれるお子様から(小さなお子様には、親御さまにご同行いただきます)
※経費を超過した売上につきましては、募金に贈らせていただきます。


***馬をかわいがっていただける方にお知らせです。***
馬をなでる際には、後ろ足やおしりには触らないでください。
とても嫌がり、蹴り上げる場合もありますので、お守りください。
**********************************************

明日、19日(日)は、10:00AM〜15:00PMまで乗馬ができます。

皆様のご来場をお待ちしております。

IMG_0351.JPG
「福島ひまわり里親プロジェクト」を推進する座間市商工会青年部の皆さまも、義捐金募集(なんと、ざまりんと里親プロジェクトキャラクター入り缶バッジをプレゼント!)と、メッセージの受付等、大反響でした!!
※「福島ひまわり里親プロジェクト」とは・・・福島のひまわりの種を、風評被害のない座間の土で育て、増えた種を福島に送り返すことで、油の精製作業など、現地の雇用を創出するというものです。

「福島、応援しましょうっ!」



記載者:専務理事 内山 浩司
posted by 座間JC at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

7月例会 選挙例会

【事業報告】

7月例会 選挙例会のご報告

日にち:平成24年7月19日(木)
時 間:19:00〜21:30
場 所:サニープレイス座間 多目的ホールA・B
対象者:正会員・シニアクラブ会員・オブザーバー

「座間青年会議所役員選任の方法に関する規定」に基づき、7月例会・選挙例会を開催致しました。
2012年度から2013年度へつなげる「選挙」という場において、一人ひとりに一票の重さを感じていただき、次年度へのビジョンを創造しながら投票をしていただく。その結果、理事長・監事及び理事に選ばれたメンバーはそのビジョンを具現化していくための自覚と責任を感じていただくことを目的といたしました。
 正会員のほかに、シニアクラブより会長の藤原先輩、第24代理事長 阿満先輩も駆けつけていただき、またオブザーバーとして井上隼人君もご参加いただきました。

IMG_0233.jpg
理事長 島名 謙一郎君による挨拶

IMG_0225.jpg
選挙管理委員会の担いは、今年の卒業生に務めていただきまして、厳粛なムードの中、監事2名立ち合いのもと、粛々と進行させていただきました。

投票により選ばれた次年度理事長・監事選出委員会による理事長・監事の選出ならびに、理事選挙の結果は以下のようになりました。
次年度理事長予定者 鈴野 隆大君
次年度監事予定者 片野 一郎君
次年度監事予定者 丸山 秀一郎君
次年度理事予定者 志澤 菜穂子君
次年度理事予定者 木村 大吾君
次年度理事予定者 斉藤 竜哉君

IMG_0253.jpg
ビジョンとともに謝辞、決意を告げる鈴野次年度理事長予定者

IMG_0256.jpg
3年連続の監事が予定される片野次年度監事予定者

IMG_0262.jpg
初監事予定者として意気込みを語る丸山次年度監事予定者

 明るい豊かなまちづくりに携わりながら、リーダーシップを養い、人間的成長を期する青年会議所として、どんな年にあっても、困難な試練は待ち構えているものです。その困難を率先して乗り越えることで、地域社会に前向きな変化の創造をもたらすこと、そして自己の成長も得られる、そんな会でありつづけるため、2013年度の予定者は今後5カ月余りの間、身の詰まった年間計画を作成してまりいます。
 また一方で、本年度も5カ月余り残しております。まだまだ大きな例会が控えており、次年度へのバトンを高い位置でお渡しできるよう、今年度の理事メンバーもより一層気を引き締めて正会員一丸となり、今年度の事業計画を推進してまいります。
 どうぞご理解、ご支援、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

記載者:総務委員会 委員長 斉藤 竜哉君

posted by 座間JC at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

わんぱく相撲座間場所

【事業報告】


5月例会『第28回わんぱく相撲座間場所』兼『第28回わんぱく相撲全国大会予選会』の報告

日にち:平成24年5月4日(金) 
 受付8:30〜9:00 開会9:30 閉会16:20
開催場所:座間市相模川河川敷 「座間大凧まつり」会場内特設土俵
 雨天のため、途中から座間小学校体育館に移設
後援:座間市大凧保存会
   座間青少年相撲協会
   座間市教育委員会
   座間市子ども会育成会連絡協議会
外部協力:座間クラブわんぱく
     一般ボランティアの皆さま



この動画は、かながわブロック協議会JC運動発信委員会 委員長 山田 陽一朗君により作製いただいたものです。

《開催趣旨》
参加者である子供達に勝つことの喜び・負けることの悔しさ・相手へのおもいやり・礼に始まり礼に終わる礼儀の心を感じてもらい、保護者に関しては子供の真剣勝負と成長した姿を見る良い機会だと思います。
以上を鑑み、わんぱく相撲座間場所を通して友達との絆・親子の絆をより一層深めてもらう良い機会になればと思っております。

《ご参加者の皆さまへ》
毎年、多くのご参加をいただいておりますこと、そして多くの方々の支えにより、今年も開催させていただきましたことに、深く感謝申し上げます。
今年は、生憎の天気となり、途中から座間小学校へ会場を移設するという、第28回を迎えるわんぱく相撲、始まって以来の対応となりました。大凧が揚がる以上は、大凧会場にて行いたい、そんな私ども関係者一同の想いがありまして、豪雨の前日から明日の回復の予報に期待しつつ、準備をしてまいりました。結果として参加者の子どもたちをはじめ、保護者の皆さま、並びにご参戦いただきました皆さまに対しましても、天気の事とはいえ、大変なご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びいたします。また、来年度以降も開催となった折には、元気な子どもたちが多数ご参加いただけますよう、お力添えを心よりお願い申し上げます。

青少年・市民共育実践委員会
委員長 倉持 浩之
posted by 座間JC at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

第3回ZAMA坂道マラソン大会 参加御礼とお詫び

【事業報告】
4月22日(日)第3回ZAMA坂道マラソン大会を開催いたしました。


当日は313名のランナーにご参加いただき、約120名のスタッフにて運営をいたしました。
参加していただいた皆様、ご後援いただいた団体、協賛各社、関係各位、
今大会に携わっていただいた皆さまに改めて感謝、御礼申し上げます。




参加された皆様へお詫びがございます。
夷参コース(6.0Km)で、コースの誘導ミスが発生し、一部の参加者につきまして、
走行距離が短くなるという事態が発生いたしました。
主催者の不手際により、参加者の皆さまに大いなるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。


誘導ミスが起こり、距離が短くなったコースは下記の通りとなります。



course.bmp
(クリックで画像が拡大します。)
(PDFファイルはこちら⇒course.pdf







実際の距離は、再計測の結果、4.7Kmとなっております。
上記の状況のため、まことに申し訳ありませんが、本大会の夷参コースにつきましては、
表彰無しとさせていただきました。


参加者の方々の日頃のトレーニング、当日のご健闘に主催者サイドとして、
お応えすることができずに、誠に申し訳ありませんでした。
今後、このようなことの無いように今回の事態を検証し、今後の大会運営に役立ててまいります。


なお、完走状につきましては、5月上旬に皆さまへ郵送の予定でございます。
その際のタイム表示は実際の所要時間を表示させていただきますので、ご了承ください。



重ねまして、参加者の皆さまへ不快な思いをさせてしまったことを、
また、迅速な説明、参加者の皆様の立場に立った謝罪が欠けていたこと、
表彰をすることができなかったことなど、改めて深くお詫び申し上げます。



以上、本大会のお詫びと報告とさせていただきます。




2012年度座間青年会議所
 理事長 島名謙一郎

第3回ZAMA坂道マラソン大会
 実行委員長 藤倉崇志


posted by 座間JC at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

会員交流例会「Just Two Minutes!」

2012年度座間青年会議所
2月例会
会員交流例会「Just Two Minutes!」を開催させていただきました。


日にち:平成24年2月16日
時間:19時15分
場所:サニープレイス座間多目的室
参加者:シニア会5名、正会員19名、オブザーバー5名

会員交流例会「Just Two Minutes!」は会員の相互理解を
目的とした例会で、皆さんには2分間のスピーチをお願いしました。
ただのスピーチではなく、まだ知られていない自分をテーマにして
服装もスピーチに沿ったものでお願い致しました。

DSCF6725.JPG

P1090706.JPG


皆さん様々な服装で参加いただき、今までにはない「Break Through」を
実感しました。
スピーチはシニア会、オブザーバーを交えて行い、活発な質問もあり有意義な
相互理解を深めることができたのではないのでしょうか。

誰一人同じスピーチをすることもなく改めて座間青年会議所の
人間性の広さを感じる例会となりました。
この例会を機に更に結束を深め島名丸が一丸となって進んでいければ
と思います。
皆さんありがとうございました。

記載者 まちづくり協動事業推進委員会 副委員長 佐久間健二
posted by 座間JC at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

平成23年度献血事業

平成23年度 献血事業の報告

本年度も献血への協力呼びかけを座間市役所にて行いました。

昨年末からの手術等により、本来安定しているはずのB型をはじめ、O型、A型の順で血液が不足しております。今回の呼びかけにおいて、少しでも血液の拡充にご協力できたならば幸いです。

日にち:平成24年1月30日
時 間:10:00〜16:00
参加者:正会員11名

120130_kenketsu.jpg

平日の日中とのことで、各自1時間〜2時間のローテーションを組んで参加いたしました。

記載者 専務理事 内山 浩司
posted by 座間JC at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年賀詞交歓会

2012年1月17日、新年賀詞交歓会を開催させていただきました。

日にち:平成24年1月17日
時 間:19:00〜
参加者:ご来賓、来賓JC、シニア会、正会員

gashi03.jpg
本年は、会場をキャンプ座間にて設営し、74名のご来賓の方々にお越しいただき、各も盛大に執り行わせていただきました。
この会場は、座間青年会議所が発足した33年前に、初めて賀詞交歓会を行った場所ということで、島名理事長も非常に感慨深いものがあったことかと思います。
gashi02.jpg
理事長が掲げるスローガン「ブレイクスルー」のもと、この一年の船出にふさわしい例会を行えたことをお越しいただいたご来賓ならびに、メンバーの皆様に感謝を申し上げたいと思います。
いよいよ、島名丸の出航です!!
gashi01.jpg

掲載者 総務委員会 委員長 斉藤 竜哉
posted by 座間JC at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

第69回通常総会

2012年度座間青年会議所
1月第1例会
第69回通常総会の報告


日にち:平成24年1月12日
開 始:19:00
場 所:サニープレイス座間 多目的ホール
参加者:正会員24名・シニアクラブ7名・オブザーバー1名


DSCN1389.JPG
所信を述べる第33代 理事長 島名 謙一郎君

第69回通常総会を開催いたしました。
今年度スローガン、Break throughの発想のもと
今回は初の試みとして、大きく2つのアイデアを盛り込みました。

まずひとつは、総務からの予算報告にて、パワーポイントを用いて
各項目の用途を分かりやすく、説明すること。
皆さんの会費が、どのように使われているのかを
明確にご説明いたしました。

次に、各委員会、そして出向者による今年度の取り組みを
同じくパワーポイントでアピールしていただきました。

1年の初めにあたり、会の方向性と各委員会の想いが
全メンバーに伝わったのではないでしょうか。

今年一年、新スローガンのもと、既成概念にとらわれず
新たな挑戦をしていきたいと思います。
皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

総務委員会 委員長 斉藤 竜哉
posted by 座間JC at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

2011年度 活動紹介

2011年度 活動紹介

須藤真行.jpg
2011年度 第32代 理事長 須藤 真行

2011年度 1月例会
第67回通常総会並びに新年賀詞交歓会のご報告


日 時:2011年1月20日(木)

会 場:鈴鹿明神社 参集殿

参加者:ご来賓・来訪JC・シニア会・正会員
2011_1_01.jpg

2011_1_02.jpg

1月20日(木)鈴鹿明神社 参集殿にて2011年度座間青年会議所にとって最初の例会となります、1月例会『第67回通常総会』並びに『新年賀詞交歓会』を開催させていただきました。総会での新入会員認証式では5人の方々が認証され、昨年から掲げていた目標を達成いたしました。そして、昨年度の決算報告ならびに本年度の事業予算についての審議を執り行い、無事承認をいただくことができました。その後行われた新年賀詞交歓会におかれましては、座間市長遠藤三紀夫様をはじめといたします、多くのご来賓の皆様にご臨席賜り、盛大に開催されましたことを、この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。

大変素晴らしい例会を開催することができ、須藤理事長率いる2011年度座間青年会議所がスタート致しました。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

座間青年会議所 総務拡大委員会委員長 木村大吾

-----------------------------------------------

2011年度 2月例会
松田公太講演会〜40歳までどう生きる?〜のご報告


日 時:2011年2月17日(木)19:30〜21:20
講 師:タリーズコーヒージャパン創業者 参議院議員 松田 公太氏
会 場:ハーモニーホール座間 小ホール
参加者:ご来賓・来訪JC・シニア会・一般参加者・正会員

ご来席いただきましたシニアクラブ会長、商店会連合会会長をはじめとする多数のご来賓の方々、かながわブロック会長、近隣LOMの理事長・専務理事の方々に心より感謝申し上げます。

また、年度末も近い平日という条件の中、足をお運びいただきました一般参加者の皆様に、厚く御礼申し上げます。
matsudakouta01.jpg

講師の松田公太様は、情熱をもって語っていただき、会場の皆さまからは、時に笑い、そして時に感嘆の声が聞こえていました。参加したJCメンバーのほとんどもメモを取りながらの受講となりました。実施したアンケートでは、満足度の項目において、「とても満足」が57%、「満足」が37%、「ふつう」が6%という結果でした。

matsudakouta02.jpg

委員会としましては、多々反省材料が生まれました。この例会の経験を生かし、さらに次へと繋げてゆきたいと思います。ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

最後に、ご多忙の最中にも関わらず、座間の地までお越しいただいた松田公太様に、心からお礼を申し上げます。

 座間青年会議所 研修拡大委員会委員長 内山浩司

-----------------------------------------------

2011年度 3月
東日本大震災 義援金活動報告


日 時:2011年3月20日(日) 8:00〜11:00(3時間)

実施場所: 座間駅(東口、西口)、相武台前駅(北口、南口)、芹沢公園の5か所

110524_gienkin01.jpg
●当日の様子(座間駅 東口)

短い時間ではありますが42万4,366円と大変多くの義援金が集まり、皆様の被災地に対し、“何か力になれないか”という想いを強く感じました。

110524_gienkin02.jpg

皆様からお預かりした義援金は3月22日(火)に日本青年会議所の義援金口座に振込をさせていただき、被災地の復興支援などに役立たせていただきます。

110524_gienkin03.jpg

皆様の心温かいご協力、誠にありがとうございました。

座間青年会議所 まちづくり拡大委員会委員長 佐藤隆雄

-----------------------------------------------

2011年度 4月
緑化祭り 活動報告


日 時:2011年4月29日(木) 8:00〜11:00(3時間)

実施場所: かにが沢公園(植樹活動/立野台公園)

参加者:正会員17名 シニアクラブ3名

今年の緑化祭りは、東日本大震災被災者支援といたしまして、家電商品の提供者を募集する流れを、座間JCで作らせて頂きましたので、市民の皆様にご紹介させて頂きました、また同時に立野台公園にて、植樹活動と日本を元気にしようという想いで、ひまわりも植えさせて頂きました。

110524_ryokukamatsuri.jpg

座間青年会議所 運営拡大事務局 事務局長 長谷川洋介

-----------------------------------------------

2012年度 3月例会
「第2回 ZAMA坂道マラソン大会」

日 時:2011年6月5日(日)8:30〜12:15
実施場所:芹沢公園(芝生の広場集合)
参加者:正会員、シニア会会員、一般参加者(登録321名)
後 援:座間市・座間市教育委員会・座間市観光協会・座間市子ども会育成会連絡協議会
協 力:陸上自衛隊座間分屯地曹友会・座間ボーイスカウト・職人ネットワーク旧友会・座間市栗原小学校・座間市少女マーチングバンド・一般ボランティア

DSC_0240.JPG
芹沢公園芝生の広場からスタート!

DSC_0290.JPG
登り坂でも止まらず走る子どもたち

DSC_0341.JPG
ゴール!

DSC_0228.JPG
表彰式

DSC_0419.JPG
参加者とボランティアスタッフの方々全員で記念撮影。

座間青年会議所 まちづくり拡大委員会委員長 佐藤隆雄

-----------------------------------------------

2011年度
2011年度 5月例会
「第27回わんぱく相撲座間場所
兼 第27回わんぱく相撲全国大会予選会」開催の報告


日 時:2011年5月4日(水) 4:30〜16:00

実施場所: 「復興祈願 座間の大凧」会場内特設土俵

参加者:正会員、シニア会会員、座間青少年相撲協会、座間クラブわんぱく参加選手153名

wanpaku00.jpg

wanpaku02.jpg

5月4日、晴天に恵まれ無事に第27回わんぱく相撲座間場所を開催することができました。参加してくれた多くのわんぱく力士、快く協賛いただきました各社・各団体・個人様、運営にご協力いただきました座間青少年相撲協会の皆様・シニアクラブの皆様・クラブわんぱくのみんな、そして正会員のメンバーなど本大会にかかわっていただいた全ての皆様に厚く御礼申し上げます。関わっていただいた方々が一人でも欠けていたならば、本大会を開催することはできなかったと思います。本当に多くの皆様の支えによって成り立っている事業だと再認識しました。皆様にはいくら感謝しても仕切れないと思っております。

本年は、例年とやや異なったスタートとなりました。通常であれば当然開催される「大凧まつり」そのものが3月11日の東日本大震災の影響もあり、開催が危ぶまれました。結果として4月1日の大凧祭り実行委員会にて『復興祈願 座間の大凧』として開催されることが決定されたわけですが、その間の半月の間、私自身の中で葛藤がありました。全国的なお祭りやスポーツ大会の自粛ムード、原子力発電所の事故による放射能の問題など、正直に申し上げると一瞬ではありましたが開催すべきか迷ったこともありました。しかしながら、「すべては参加してくれる子供たちのため」大凧祭りが中止になろうとも別会場で同日に開催するという決意で準備を進めました。


大会直前の第2回全体会議では、本当に多くのメンバーにご出席いただきました。8割を超える出席率、お集まりいただいたメンバーに感謝の気持ちでいっぱいになると同時に、これほど心強いことはないと感じました。冒頭の委員長挨拶では身震いもしました。また、前日までの複数回の準備にも多くの有志のメンバーに参集いただきました。座間青年会議所の熱い思いを感じさせていただきました。

そして迎えた例会当日。今日の主役は何と言っても参加してくれたわんぱく力士。そんな状況であっても、子供たちの笑顔や涙、ひたむきさはいつもと変わらない、いや、いつも以上のものでした。本当に開催してよかったと思った瞬間でした。子供たちの元気な声は、「復興祈願 座間の大凧」会場内に活気を呼び、地域が元気を取り戻すことの一助となったことを確信しております。

当日は継続事業ならではの良さを改めて感じました。それぞれの判断で積極的に行動していただけるメンバー、設営・進行・審判・昼食の配膳など各場面でご協力いただきました座間青少年相撲協会の皆様、シニアクラブの皆様、本当にありがとうございました。そして、わんぱく相撲経験者である“クラブわんぱく”のメンバーにも大活躍していただきました。「より選手に近い立場での運営協力」という役割を十二分に果たしていただきました。
委員長や委員会メンバーが目の届かないところまで周囲の方々が気配りしていただけることが、27回を重ねてきた伝統の重みであり、継続事業のありがたみであると本当に実感しました。年初の委員長所信にて「これまでの歴代委員長の思いや伝統の重さを、私なりに噛み締めつつ、運営をしていきたいと思います」と述べさせていただきましたが、委員長の力など微力なもので、すべて周囲の方々の支えやご協力で成り立っていました。
また、参加してくれたわんぱく力士、運営に携わっていただいたメンバーに、ひとりのけが人も出ることなく安全に開催できたことに何よりも安心しました。

今年委員長を経験させていただき率直な感想としては、「いつも通り」という言葉が非常に重く、難しいものでありました。また大会終了後には、「いつも通り」の開催がいかに重要かということを認識いたしました。参加者向けのアンケートでも「中止だと思っていたが、いつも通りの開催で良かった」「これからも長く続けていって欲しい」というご意見があり、参加する側からも期待されている事業であること、また大凧実行委員会のある方からも同様の感想をいただきました。

結びになりますが、池上副理事長、倉持副委員長をはじめとする委員会メンバーの皆さんには各場面で本当に助けていただきました。改めて感謝を述べさせていただきます。5月例会は一つの区切りではありますが、ゴールではありません。これからも練習会、全国大会、11月例会と続いてまいります。この後が子供たちと真剣に向き合う場となりますし、真の青少年育成の場だと思っています。子供たちと一緒になって汗をかき、この場を通してメンバーも子供たちも「個を確立する」ための何かを感じていきたいと思います。
これからの事業もメンバーの皆さんのご助力なしには成しえないと考えております。委員会メンバーも一致団結して臨みたいと思いますので、今後ともご協力をお願いし、5月例会の報告とさせていただきます。

wanpaku01.jpg

2011年度 座間青年会議所 わんぱく相撲拡大委員会 委員長 藤倉 崇志

-----------------------------------------------

2011年度 7月
選挙例会 活動報告


日 時:2011年7月21日(木) 19:00〜22:00

実施場所: 鈴鹿明神社 参集殿

参加者:正会員27名 OB7名 オブザーバー1名  計35名

7月21日(木)座間青年会議所は鈴鹿明神参集殿にて、次年度の理事長予定者並びに監事予定者を決める選挙例会を開催いたしました。選挙の結果、2012年度理事長予定者には島名謙一郎君が、同監事予定者には片野一郎君、窪悠久君が選ばれました。

また、理事選挙では、倉持浩之君、斉藤竜哉君、藤倉崇志君の3名が選ばれました。

 今年度も半分が過ぎました。ですが、今後もまだまだ事業が行われますので今後も座間青年会議所の活動にご注目ください。

110905_soukai.jpg
2012年度 座間青年会議所 第33代理事長予定者 島名謙一郎君


座間青年会議所 総務拡大委員会 委員長 木村 大吾

-----------------------------------------------

2011年度 4月例会 
「無から有をつくる新たな価値観の創造
監督 山本 寛 講演会」事業報告


日 時:2011年2011年7月18日(月・祝) 19:30開演

実施場所: ハーモニーホール座間 小ホール

参加者:一般参加者・シニア会・正会員

 座間青年会議所4月例会として、2011年7月18日(日・祝)、ハーモニーホール座間小ホールにおいて、須藤真行理事長をはじめ、シニアクラブ会長 井上 隆正先輩にもご来賓をいただきまして、山本 寛様を講師にお招きしての講師例会を開催いたしました。

2011_4_01.JPG

株式会社Ordetというアニメーション制作会社の代表者を務める山本 寛監督は、1974年の生まれで、我々JCメンバーと同世代です。

 しかし、映像演出・監督という仕事は多くのメンバーにとって未知の分野であり、そのお話しはとても新鮮で、興味深いものでした。

 「僕は一度も成功していないのにどうして呼ばれたのか」という終始ご謙遜された姿勢のなかで、前半に「ネット社会とアニメ」について、関係性における問題点と今後の課題をお話しいただき、後半には「大震災とアニメ」というテーマで、自ら被災地七ヶ浜で活動なされているご経験から生まれた新たな発想について、お話しいただきました。

 アニメ業界に生きるものとしての使命感、そして厳しい市場での活路を模索し、葛藤するそのお姿は、自らの立場に置き換えると、まだまだ努力や考察が足りないものと、痛感させられた次第であります。

 ご来場者アンケートでは、満足度において「とても満足」が57%、「満足」が37%という結果で、85%の参加者からは高い評価をいただきました。ふつう以下では、主な理由として、「時間不足」をあげられ、魅力的な講演内容であった反面、委員会の配慮が足らなかったものとして反省しておりますが、「希望者全員サインをしたい」という監督の想いと、会場の利用時間の関係上、時間配分には苦心した結果でございますので、何卒ご容赦いただきたく存じます。

2011_4_02.JPG

2011_4_03.JPG

 梅雨明けの暑い中にも関わらず、座間市をはじめ、遠隔地からも多数のご来場をいただきましたことを心から御礼申し上げます。

 そして、山本 寛監督の今後更なるご活躍とご健勝をお祈りしつつ、お礼とかえさせていただきたいと思います。

 最後に座間青年会議所正会員ならびに、委員会の素晴らしい対応ぶりに感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

 本当に皆さま、ありがとうございました。

2011_4_furikomi.jpg

会場にて皆さまから頂戴いたしました「募金」は、公益社団法人日本青年会議所の「義損金口座」にお振込させていただきました。

 多数のご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

koshiirairyou.jpg

 なお、講師山本寛様からも、講演料をチャリティーとして(交通費等除く)、同じく「義損金口座」に充当させていただきました。

座間青年会議所 研修拡大委員会委員長 内山浩司

-----------------------------------------------

2011年度 8月事業
ひまわり歩(アル)クイズ
〜日本の団結力を座間から〜

日にち:平成23年8月20日(土)・ 21日(日) 8:30より
場 所: ひまわりまつり会場
参加者:一般参加者・オブザーバー・正会員
担 当:2011年度 座間青年会議所 まちづくり拡大委員会 委員長 佐藤 隆雄君


風評被害の払拭、震災や原発被害が風化することを防ぐために、
須賀川青年会議所メンバーを「ひまわりまつり」の会場にお招きし、
ご来場者に現地の状況、食の安全をアピールしていただきました。

2011年度 理事長 関根 真吾君をはじめとする
須賀川青年会議所メンバー8名にご参加いただきました。

hi08.JPG

hi03.JPG

hi05.JPG

hi02.JPG

hi10.JPG

-----------------------------------------------

2011年度 9月第2例会
第68回通常総会のご報告


日 時:2011年9月15日(木)

会 場:ハーモニーホール座間 大会議室

参加者:正会員・OB・オブザーバー


9月15日(木)ハーモニーホール座間にて2011年度座間青年会議所、9月第2例会『第68回通常総会』を開催させていただきました。総会での新入会員認証式では、今年7人目となる吉田光慶君が認証されました。そして、本年度の修正予算並びに中間決算報告、また、2012年度座間青年会議所の役員予定者承認についての審議を執り行い、無事承認をいただくことができました。今年も、あと3ヶ月となりましたが、まだまだ事業が行われますので今後も、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

2011_9_01.jpg

2011_9_03.jpg
新入会員 吉田光慶君

2011_9_02.jpg
2012年度 理事メンバー一同

2011年度 座間青年会議所 総務拡大委員会 委員長 木村 大吾

-----------------------------------------------

2011年度 10月例会 
「座間の防災を学ぶ会」事業報告


日 時:2011年11月1日(月・祝) 19:15開演
実施場所: サニープレイス座間 研修室
参加者:シニアクラブ・オブザーバー・正会員

座間青年会議所10月例会として、2011年11月1日(火)に、サニープレイス座間 研修室において、須藤真行理事長をはじめ、シニアクラブ副会長 木島 文彦先輩、第2代理事長 藤原 造先輩、その他オブザーバーにもご来賓をいただきまして、講師例会を開催いたしました。

 講演内容は2部構成とさせていただき、第1部の講師には、陸上自衛隊第4施設群群長 兼て 座間分屯地司令をお務めの石丸 威司 一等陸佐殿をお招きし、第4施設群による東日本大震災被災地での活動記録を主軸にご講義いただきました。

 そして、第2部におきましては、座間市役所 市民部 安全防災課の大矢 宗弘主任殿にご協力をお願いし、座間市の防災計画と、自助のあり方を主軸としたご講義いただきました。

201110_0001.jpg
理事長 須藤 真行君による挨拶

201110_0002.jpg
シニアクラブ副会長 木島 文彦先輩の挨拶

201110_0003.jpg
趣旨説明をする委員長

201110_0100.jpg
第1部 講演の様子

201110_0102.jpg
分かりやすく、要点をついたご講義の途中に会場をなごませるトークも

201110_0104.jpg
質疑応答

201110_0103.jpg
謝辞謝礼を述べる副理事長 島名 謙一郎君

201110_0201.jpg
第2部 講演の様子

知っているつもりが、実は知らない情報もたくさん教えてくださいました。

201110_0203.jpg
謝辞謝礼を述べる副理事長 島名 謙一郎君

 10月例会「座間の防災を学ぶ会」には、正会員23名(出席率65.7%)の出席をいただき、無事執り行うことができました。

 ご来賓をいただきました諸先輩方、並びに理事長とはじめとする

正会員の皆さまに感謝御礼申し上げます。


 第1部 講演について

 被災地での任務におきましては、過酷な状況の中、本当にお疲れ様でした。

 第4施設群のご活動、ご活躍ぶりを拝聴させていただき痛感したことは、座間市民として、こんなにもすぐそばに自衛隊の分屯地があることにありがたく思い、心強く感じました。

 今後のご活躍にも、より一層期待させていただくと共に、分屯地の皆さまの益々のご健勝をお祈り申し上げます。


 第2部 講演について

 他人を助ける活動は、充実感もあり、翻って自分の身を守る手段には、どこか後ろめたさがあります。ですが、阪神淡路大震災では、家具の転倒による負傷者は、全体の48.5%に達します。自助こそが、優先して取り組むべき減災の手段なのではないでしょうか。なぜならば、自分が助からないと、他人は助けられません。それどころか、他人に助けてもらう立場になってしまいます。

 当たり前のことですが、当り前であるが故に、意識を持ち続けることが難しいことなのではないかと感じました。

 きっと、正会員の皆さまは、自宅に帰ってご家族にお話しいただき、そして家具の転倒防止チェックをしてくれたに違いありません。


 さまざまな気づきを、各々が持ち帰ってくれたものと確信しつつ、大きなトラブルもなく、10月例会を締めくくらせていただきました。


 本年の研修拡大委員会では、この1年を通じまして、今回の震災にまつわる例会を実施するに至る経緯には、さまざまな葛藤がありました。詳しくは、何か別の機会に述べさせていただきますが、今例会を実現するに至り、そして諸先輩方を始め、相談に乗っていただきました市内関係諸団体の皆さま、そして理事長をはじめとする正会員の仲間たちと、委員会メンバーのみんなに、心より感謝を申し上げます。

 本当に、皆様ありがとうございました。

2011年度 座間青年会議所 研修拡大委員会 委員長 内山 浩司

-----------------------------------------------

2011年度 11月例会
「馬と過ごす一日〜プチ・ファームステイ〜乗ろう!知ろう!触れ合おう!」事業報告


 当日は心配していた天候も回復し、小学生30名に参加していただき、無事に開催することができました。開催地である「紅葉台木曽馬牧場」では、乗馬体験だけでなく、馬との触れ合い、馬や馬具の勉強を行いました。参加した子供たちも楽しそうで、笑顔がいっぱいの1日となりました。

2011_11_01.jpg

2011_11_02.jpg

2011_11_03.jpg

2011_11_04.jpg

2011_11_05.jpg

2011_11_06.jpg

2011年度 座間青年会議所 わんぱく相撲拡大委員会 委員長 藤倉 崇志

-----------------------------------------------

2011年度 12月例会
『卒業式』のご報告


日 時:2011年12月4日(日)
会 場:小田急山のホテル・金時
参加者:正会員・OB

12月4日(日)箱根、小田急山のホテルにて、本年度最後の例会であります、2011年度座間青年会議所、12月例会『卒業式』を開催させていただきました。今年度の卒業式では、第31代理事長、濱野真一君、池上明宏君、佐藤隆雄君、座間青年会議所の活動に長きに渡り、ご尽力頂いた卒業生3名を盛大に送り出すことが出来ました。

1年間、総務拡大委員会にご尽力頂き、本当にありがとうございました。

2011_12_01.jpg

2011_12_02.jpg

2011_12_03.jpg

2011年度 座間青年会議所 総務拡大委員会 委員長 木村 大吾

-----------------------------------------------
posted by 座間JC at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

事業報告

完了した事業の報告を行うページです。
posted by 座間JC at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告(例会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。