2012年10月15日

第61回全国会員大会の報告

【活動紹介】

第61回全国会員大会 北九州大会の報告

平成24年10月12日〜14日、北九州は小倉の地にて、公益社団法人日本青年会議所 第61回全国会員大会 北九州大会が開催されました。当日は天気にも恵まれ、過し易い秋の気候の中、総会、各フォーラム等恙無くとり行われました。

IMG_0399.JPG
会場となった小倉駅周辺

参加者
11日(木)入り
直前理事長 須藤真行君(卒業生)
副理事長(理事長予定者) 鈴野隆大君
副委員長 志澤菜穂子君

12日(金)入り
理事長 島名謙一郎君
専務理事 内山浩司君(卒業生)
理事(専務理事予定者) 斉藤竜哉君

13日(土)入り
副理事長 丸山秀一郎君
監事 窪悠久君
委員 沼田克彦君(卒業生)
委員 前里秀樹君(卒業生)
委員 椋本博之君(卒業生)

計11名

IMG_0397.JPG
第140回通常総会のようす(壇上:第61代会頭 井川直樹君)

IMG_0404.JPG
 メインフォーラムの基調講演では、元第92代 内閣総理大臣 麻生太郎先輩によるご講義をいただきました。
世界の知識を得たなかで、これは世界に誇れるぞ日本!という公平で且つグローバルな視点から、愛すべき誇るべき国、日本という心の気づきをいただきました。日本はだめだ、日本に未来はない…一部かも知れませんが、世間に影を落とすそんな暗雲を取り払い、前向きに世界に対して臨んでいく気風がもっともっと広がれば、載積した問題を是正改善しながら、さらに素晴らしい国にシフトアップできるのでは?そんな気持ちをいただきました(著書もあるので、ぜひ読んでください「とてつもない日本」新潮新書)。さらに、諸外国との交渉においても「国民の合意」が一番の力になることもお教えいただきました。国民の合意を得た行動は、何より交渉力となるとのことです。無関心な国民こそが、国を軟弱にしてしまう、というものです。
 良いお話しばかりで、短くまとめるのは難しいため、この辺で割愛させていただきます。

IMG_0408.JPG
式典の部 第61代会頭 井川直樹君の登壇

IMG_0411.JPG
第62代会頭予定者 小畑宏介君の所信演説
現職:副会頭 所属LOM:社団法人秋田青年会議所


IMG_0432.JPG
博多駅にて記念撮影
遠い北九州の地で、卒業をお祝いしていただきました!
ご参加いただいたメンバーの皆さま、本当にお疲れ様でした。そして、卒業生として、御礼を申し上げます。心より、ありがとうございました!!


記載者:専務理事 内山 浩司




posted by 座間JC at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介(その他事業) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297569604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。