2012年05月15日

憲法タウンミーティング

【活動紹介】
「憲法タウンミーティング2012inかながわ この国難、憲法から考えよう 〜激論 日本国憲法〜
に参加してまいりました。

日にち:平成24年5月13日(日)
時 間:13:00開場 15:30閉会
会 場:川崎市総合福祉センター(エポック中原)
内 容:1)日本国憲法と国民
    2)領土領海問題と憲法について 
    3)東日本大震災から何を学んだのか 〜国家非常事態対処条項=緊急権〜
ナビゲーター:宮崎哲弥氏
パネリスト:片山さつき氏、伊藤 真氏
kennpo01.jpg
窪委員長による開催趣旨説明

kenpoo02.jpg
開催のようす

スタッフ参加
監事 窪 悠久君(担当委員長)
副委員長 木村 大吾君(担当総括幹事)
委員 吉田 光慶君(担当委員)

参加者
理事長 島名 謙一郎君
副理事長 鈴野 隆大君
専務理事 内山 浩司君
副専務理事 松村 昌彦君
理事 斉藤 竜哉君
理事 藤倉 崇志君
理事 倉持 浩之君
副委員長 志澤 菜穂子君

 現在の日本で、国民レベルから国際レベルで起こっている諸問題に対応すべく、どのような変革が必要とされているのか、私たちは今何を考えるべきなのか。その中で、現行憲法の記載するところの問題点や、改善の手法などをコーディネーターによる中立的な裁量の中、パネリストの方々による討論という形で進行しました。
 地域のリーダーを育成するという青年会議所としての目的と、責任世代といわれる青年会議所メンバーの世代的な観点からも、学ぶべきことの多い、とても有意義な開催内容でありました。
 よりよい日本の政治のために、私たちに求められていることは、難しいことではないと思います。
 まず関心を持ち、世論、投票などで国の政治に対し本来あるべき影響力をきちんと発揮する事なのではないでしょうか。

記載者:専務理事 内山 浩司
posted by 座間JC at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介(その他事業) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。